消費税への対応(2014.4.1より) 消費税増税に伴い、提示している料金に対して消費税分を上乗せした金額を頂戴いたします。

2007年12月14日

鞍馬の思い出 その2

膝をガクガクさせながら鞍馬の奥の院からの急な山道を一心に下りました。先に行く青木先生になかなか追い付けません。
参加していた皆さんはとっくに先に進んで姿も見えません。
心の中で助けて!と思いながら、やっと赤い橋に着きました。
もうここからは貴船神社の色っぽいエネルギーにがらっと変わりました。

道も普通の道路になったのでもう足も大丈夫です。

貴船神社に着くとみんなが待っていてくれました。

以前来たときは修理中でよくわからなかったのですが、金色を基調にした本殿は女性的な魅力に溢れていて、さすが恋愛の神様です♪

先輩はピンクの結び文のお守りを見つけていらっしゃいました。
あまりのかわいさに後から私も買っておけばよかったと後悔しました。
次回お参りに来たときには必ず買おうっと。

それと手を清めるところに、「あさみどり」の歌がかかっているのですが、それも今回初めて気が付きました。
参加されている方に言われて、

えっ〜!
知らなかった♪
貴船の神様よろしくお願いいたします。

皆さんとここでお別れして、先生方と先輩と奥宮に行くことになったのですが、私のはやとちりで私と先輩の生徒さんがはぐれてしまい、携帯も圏外で、奥宮でやっと先生方や先輩にお会いできました。
私は先生方が先に行ったと思い込み、先に姿を探して、どこ、どこ?と思いながら、かなりスピードをあげて進みました。
さみしい道なので青木先生には相当ご心配かけてしまいました。
先輩は途中のお饅頭の店で、それを食べたい!という私達の思いを感じたそうで先にそこを通ったのがわかったそうです。

奥宮には舟という、石の建造物がありますが、これもエネルギーを放っておりました。

そんなこんなでせっかく奥宮まで行ったのに、気分的に不思議な貴船参りとなりました。

みなさまにもご迷惑をおかけしました。
グスン。
posted by 渕元雅子 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック